目に見える美しさは、見えない美しさに育まれる。
日本文化の美の英知を背景に時をかけて磨き抜いた美の精神。
KIHINとは、
コスメデコルテが叶える唯一無二の美しさです。

独自の美の精神とともに
ブランド誕生以降、長い歴史と経験の中で培った
ものづくりの誇りを大切に守り続けてきました。

国を越えて人々を魅了する
日本の美しい心とクラフトマンシップを
絶やすことなく、後世に伝承するために、
日本の伝統工芸の分野で活躍する女性を応援してまいります。

未来を照らす感性に満ちた女性たちの
「ものづくりの誇り×KIHIN」に込める想いをお届けします。

支援先「一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会」動画の再生回数に応じて、伝統的工芸品産業振興協会を通じて、女性の若手職人や後継者の育成を支援する活動に寄付いたします。

Interview

  • Episode 01

江戸切子の繊細な色彩ときらめきに、世界を照らす女性の輝きを重ねて。
伝統工芸に携わる新世代の職人、三澤世奈さんを訪ねて東京・江戸川へ。
当代を誇る高い技術と卓越した感性を持つ三代秀石 堀口徹氏の元で研鑽を積み、日々真摯に硝子と向き合う三澤さんの「ものづくり」に注ぐ想いと、自身が選びとった人生に対するヴィジョンを語っていただきました。

株式会社堀口切子に所属している江戸切子職人です。2019年に堀口切子の新ブランド(SENA MISAWA)を立ち上げて制作のプロデュース、デザインを担当しています。コンセプトは、“日常に心地よいトーンの切子”。今までにないペールトーンの色合いやミニマルなデザインを取り入れたものを提案しています。

堀口切子を選んだ理由は?

物としての美しさやデザインが良いのはもちろんですが、それ(物の良さ)をどのように分かってもらうか、
ということにも力を注いでいるところに共感を覚えたので、こちらに入りたいと思いました。

江戸切子とは?

江戸切子とは江戸時代後期に始まったガラス工芸で現在は国の伝統的工芸品に指定されています。
定義はとてもシンプルで、
1つめが、ガラスであること。
2つめが、手作業で作っていること。
3つめが、主に回転道具を使用していること。
4つめが東京近郊で作られていること。
江戸切子は、色もデザインもとっても自由なものです。

ものづくりにおいて大切にしていることは?

美意識というものに関しては、良い悪いも誰かの主観が客観になっての評価だと思っているので、
自分が何が好きなのか、何が美しいと思うのかを自分自身で理解する事、深く問いただす事が大切だと思います。

それを追求したいって思うのは当たり前で、
技術を追求することはそこまで意識しなくても努力できるけど、自分が常にどんなことを美しいと思い、この先どんな物を作りたいか、そういうことを考える時間も必要だと思います。

今、世の女性に対して伝えたいメッセージは?

江戸切子職人という仕事に就いて本当にたくさんの喜びを貰って、自分が作る物に共感していただいたり喜んでいただいて、
そこから自分も喜びを得て、表現する事にすごく自信を得たと思っています。

自信がある無いに関わらず、今まで作る事がすごく大好きで続けてきたことで
自分が見てみたい物、それを実際に作ってみたい、見てみたいという衝動が自分の一番の根底にあると思っています。
自分が変わるにしろ、環境を変えるにしろ、アクションするのは自分だと思って行動しているので、
「今、自分がどうしたいか」ということに素直に、自分が本当にしたい選択を、自分が心地いいと思う選択をしていきたいなと強く思っています。

Works

Profile

1989年、群馬県に生まれる。明治大学商学部卒業。
大学在学中、三代秀石 堀口徹の作品に感銘を受け、門戸を叩く。
2014年、堀口切子 入社。
2019年7月より堀口切子の新ブランド「SENA MISAWA」の制作・プロデュースを担当。

  • Next Episode
器作家 中里花子さん【2022年7月公開予定】